わの会トップ府中自立支援ネットワークりんりんあいあい研修事業相談事業スタッフ募集

理事長挨拶


理事長夫妻 わの会ヘルパーステーションあいあいのご利用者さん(多摩市在住)が難病ALSで、昨年12月に呼吸器を付け、自宅に戻り24時間の介護を必要としていますが、多摩市は、夜間はご家族で看て下さいと。1日5時間分しか介護時間が支給されず、奥さんは、持病を悪化させ、入院されてしまいました。
又、視覚障害で寝たきり状態のA子さん(若松町在住)は、身体状況が良くなっているとは言えないという見解を示しているのに、介護5から4になりました。そのため障害支援時間が削られ、一時期2時間の自費対応をせざるを得ませんでした。御家族の異議申し立てによって一部改善されました。
介護をめぐる状況は一段と厳しさを増しています。

命を守り、生きるための仕組みが削り取られて来ていると思える今日、みなさん「踏まれたら痛い」と一緒に声をあげましょう!

(2018年5月 わの会通信37号より) 

NPO法人わの会理事長 佐々木公一